名古屋にイノシシ出没~名古屋市・県警がパトロールを強化

名古屋市守山区と北区などで11月20日午後以降に、イノシシ2頭が相次いで目撃されていました。 東西約3キロを逃げ回っているようで、人通りが多い駅や民家の付近にも出没しているようです。 名古屋市や愛知県警はパトロールを強化し、近付かないよう注意を呼びかけています。 「イノシシを目撃した」と11月20日午後2時40分頃に、名古屋市…

続きを読むread more

極楽とんぼ(お笑いコンビ)の山本圭壱さんの結婚発表にSNS騒然!

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(54歳・お笑いタレント、俳優、歌手、YouTuber、元野球選手)さんが西野未姫(23歳・女性タレント、YouTuber、コメンテーター、元アイドル)さんと結婚したことを自身のSNSで発表しました。 山本圭壱さんは、ツイッターでの発表で直筆と思われる文書を掲載しました。 山本圭壱さんの直…

続きを読むread more

MS&ADが、6300人削減 26年3月末、200億円のコスト削減効果が・・・。

MS&ADホールディングス(HD)は11月22日に、投資家向け説明会を開き、2026年3月末までに国内生損保事業で従業員の2割弱に当たる6300人を削減すると発表しました。 相次ぐ自然災害の発生で保険金の支払いが重荷となっており、収益改善に向けコスト削減を図るようです。 定年退職による自然減に加えて、早期退職の募集や新卒採用を縮小す…

続きを読むread more

塩野義製薬が、初の国産飲み薬「ゾコーバ」を厚生労働省の専門部会が緊急承認! 

塩野義製薬が開発した新型コロナの飲み薬について、厚生労働省の専門部会は、初の国産飲み薬として緊急承認しました。 加藤勝信厚生労働省(66歳・政治家、大蔵官僚)のコメント 「新たな治療選択肢の1つとして、新型コロナ対策に寄与することを期待しております」 塩野義製薬が開発した新型コロナの飲み薬が、「緊急承認」されたのは、「ゾコ…

続きを読むread more

ステーキ店のパフォーマンスで炎が引火『5歳の男の子の顔半分がただれる』

11月18日に、沖縄県豊見城市にあるステーキ店でフランベを行うパフォーマンスの際に客に火が移り、5歳の男の子が顔にやけどを負うなどして病院に運ばれていたことがわかりました。 消防などによると、11月18日の午後8時前に、豊見城市にあるステーキ店の従業員から「5歳の男の子が油で顔面、手に熱傷」と通報がありました。 男の子は顔の下半…

続きを読むread more

インドネシアでM5.6の地震~162人が亡くなる

インドネシア・ジャワ(Java)島で11月21日に、マグニチュード(M)5.6の地震が発生しました。 地元州知事と当局者は、死者が162人に増えたと明らかにしましたが、国家防災庁(BNPB)は死者数を62人としています。 米地質調査所(USGS)によると、震源の浅い地震が11月21日午後に、西ジャワ(West Java)州チアン…

続きを読むread more

渋野日向子(23歳・女子プロゴルファー)さんが今季の米国最終Rをスタート~上位浮上へバーディ発進!(CMEグループ…

CMEグループ・ツアー選手権は、ポイントランキング上位60人が出場する米国女子ツアーの今季最終戦も、いよいよ最終日に入りました。前週までのポイントがリセットされ、今大会の優勝者が、2022年シーズンの年間女王の座と賞金200万ドル(約2億8000万円)を手にすることができます。 渋野日向子さんは、CMEグループ・ツアー選手権3日目…

続きを読むread more

JR神戸線の立花駅で電車と人接触~順次運転を再開

JR西日本によると、11月21日午前8時10分ごろに、JR神戸線立花駅で電車と人が接触しました。 この影響で、JR京都・神戸線の米原-姫路、宝塚線の尼崎-新三田などで運転を見合わせていましたが、約1時間後に順次運転を再開しています。また、私鉄などへの振り替え輸送を行っているようです。 ■JR神戸線■ 【基本情報】 所在地:大…

続きを読むread more

日本と文化異なるカタール、空港でカメラ構えただけで拘束、アルコール類も注意が必要

11月20日に開幕されるサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会では日本からもサポーターらが駆けつけ始めています。 初戦となる11月23日のドイツ戦に向けて、首都ドーハなどでは「サムライブルー」のユニホーム姿も目立ち始めていますが、イスラム圏のカタールは慣習や法律が日本と異なる点もあるようですので、在カタール日本大使館はトラブルに…

続きを読むread more

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が、ロシアとの停戦案を一蹴 !

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は11月18日に、ロシアとの「停戦協定」案は事態を悪化させるだけだと一蹴しました。 ウォロディミル・ゼレンスキー大統領はハリファックス国際安全保障フォーラムでビデオ演説し、「ロシアは今、力を取り戻すための休息として停戦を求めている」として「このような休息は事態を悪化させるだけだ」との認…

続きを読むread more